プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

食べることが好きで、作ることも好きで、食べてもらって喜ばれるのが一番好きです!
*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*
料理は美味しければいいというものではありません。
どんな素材をどんな風に料理したかが大事です。
ここにしかない、心のこもった料理をお客様の好みに合わせてお出しする。
心の満足も目指しています!
*:..。*゚¨゚゚・*:..。*゚¨゚゚・*:..。*゚¨゚

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

飲み物/お酒 Feed

2011年4月19日 (火)

生ビールを「エーデルピルス」に変えました

4月限定で生ビールを琥珀エビスからエーデルピルスに変えてみました。

http://www.sapporobeer.jp/product/sapporo/edelpils/

エーデルピルスはホップの香りが高い苦味の利いたピルスナーです。

まさに春にふさわしい、飲み飽きのしないさっぱりとしたビールです。

私が惚れ込んで取り寄せて採用しました。

神戸では取扱店が2~3店舗かと思います。

多くの皆様は一番売れているから美味しいとか、
いつも飲んでいるから●●ビールがいいとか等固定観念をもたれている方が多いように感じます。

それがいいとか悪いとかは別にして、とにかく飲んでみて欲しいと思います。

せっかく日常を忘れておすし屋さんに来られたのなら、最高のものを・ここでしか味わえないものを試してみてください!

仕入れ価格は増えたけど、売り値段はそのまま500円で変わらずご提供いたします。

2010年11月10日 (水)

'77ビンテージワイン

先日友達からワインをもらった。

「オークションに出してもいいよ。」

って言われたけど、面倒くさいのでお店で出そうかと思った。

それには一応説明が必要なのでPCで調べてビックリ!

シャトー・オー・ブリオンhttp://www.ciel-vin.jp/producer/1.html
とシャトー・ラフィット・ロートシルト
http://wapedia.mobi/ja/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%83%88
共に'77産で取引価格2本で10万円を超えるかというものだった。

ここで悩むべきはやっぱオークションでお金をゲットすることだろうけど、

美味しいもの好きの私は無性に1杯でいいから飲みたくなった。

音楽や映像の記憶はPCでメモリーできるけど、
味の記憶は脳に留めて置くしかないのです。

だから美味しいといわれるものは自分で味わうしか知りようがないのです。

もらったものをお店で売るのも気が引けるので、思いついたのが
77年に生まれた人、記念日がある人に1杯づつ飲んでもらおうと。

1本で約5人が飲めるということです。

1杯約1万円の原価です。

それをプレゼントです。

ネットで配信してみてどのくらい反響があるかな・・

それより最高の状態で私も味わいたいと思います。

すし屋で赤ワインは食べるネタにメチャクチャ気をつかいます。

そのレシピも完成させなければ。

美味しいためならワクワクして楽しいです。

2010年3月17日 (水)

杜氏の神様 農口尚彦

先日NHKのプロフェッショナルっていう番組に農口尚彦さんが登場した。
http://www.nhk.or.jp/professional/backnumber/100309/index.html

イチローをはじめ各界の最高峰の人物が登場するわけで、

今回私が尊敬する杜氏さんが紹介されてとても感激した。

菊姫時代から神様だと思って呑んでいました。

12年ほど前に菊姫を退職されたわけですけど、菊理姫という大吟醸古酒は10年以上寝かせて出荷されるので、現在発売されているものが菊姫時代の農口さんの最終作品といわれています。
昨年購入したもので平成4年の仕込みでした。

農口さんといえば山廃が有名で、独特の酒らしい酒臭い酒を造るにもかかわらず、農口さんは下戸だということで少し驚きました。

77歳で今もなお情熱を傾けて酒造りをされている姿勢は尊敬せずにいられません。

今回放映された全力で取り組まれたお酒が今週末に入荷予定です。

大吟ではないですが、60%精米の原酒です。

1本720mlを3,000円で提供する予定です。
気軽に農口さんを体感してください!

また、1合売りで800円の純米吟醸酒「常きげん」もあります。

農口さんのお酒は本当に美味しいです。

でもすし屋の立場から言わせていただくと、美味し過ぎて肴が必要でなくなるという点が難点です。

農口さん、お鮨を食べながら呑むお酒を造ってください!

でも引退が囁かれている昨今、貴重なお酒であることは間違いないので
じっくり味わって心に味を刻んでおこうと思っています。

2010年3月11日 (木)

琥珀エビス

自分にとって最高のビールとは何でしょうか!?

普段は発泡酒や第三のビールや低カロリービールを私も飲んでいます。
それはカロリーはもちろんのこと価格も軽視できませんよね。

でも鮨屋に行く=ちょっと美味しいものを食べたい気分
としたたら、鮨屋には最高のビールを置くべきだと思う。

以前まではベルギービールのブルッグス ゾット ブロンドが好きだった。

でも毎日仕入れることも大変だし、価格も800円~1,000円とお客様に負担をかけてしまう。

それでしばらくプレミアムエビスにしていたが、昨年末より
琥珀エビスを採用している。

http://www.yebisubar.jp/kohaku/

これは確かに旨い。

料理との相性もいいように思える。

たまにお鮨でも食べるときは贅沢に麦芽たっぷりのドイツビールに近いこのビールを普通に飲んで欲しい。

価格も1敗500円に設定してあるのでスーパードライ等と遜色なく、むしろお得に飲めると思う。

それをお試しに一杯サービスする企画もあるのでお見逃し無く!

http://www.sapporobeer.jp/gourmet/detail.phtml?ShopCode=08308&conf=28&bk2=9

絶対の自信を持ってお奨めします!

2010年3月10日 (水)

久保田 生原酒

皆様よくご存知の新潟のお酒「久保田」が新しいお酒を出しました。

久保田生原酒です。

http://www.asahi-shuzo.co.jp/news/sb.cgi?eid=31

しっかりしててすっきりって感じのお酒で、
私的にはハレー彗星のようなお酒という表現です。
何年かに一度の、まわりのモノを巻き込んでさらに輝くというような・・・

このお酒にはピリッと山椒が効いたいかなごの釘煮が合うでしょう^^


美味し過ぎですが、ちょっとアルコール度数が高いので飲み過ぎに注意です。

2009年2月16日 (月)

お酒

本日新潟の朝日山の久保田万寿の純米大吟醸原酒の「一二三号虎」というのが入った。全国で200本、兵庫県では20本も入っているだろうか!?

久保田とは書いてないので、知る人にだけお分けしようと思う。
1本10500円を1号売りで1100円で売るのだから儲けはなく、無料奉仕と言っていい感じです。
味は純米らしく濃厚で芳醇な存在感のあるしっかりしたお酒です。

近々元菊姫の杜氏さんだったノグチさんが来店されると思います。
いろんなことを伺って勉強&趣味を深めたいと思っています。

私の今のお気に入りは福井の黒龍です。

限定酒しか造っていなくてすべて予約済みのお酒です。
これは大吟醸です。サラサラの水みたいに飲みやすく後でのど越しがよくて飲みあきしないお酒です。

十四代が有名になりましたが、有名になる前から飲んでいるということが誇りです。
今後も今お気に入りのものが、有名になるかもしれませんが、有名になったから飲むのではなく、美味しいから飲んでいたというふうにありたいな。

上の写真は十四代の焼酎の写真です。
焼酎ならば宮崎の京屋の「甕雫」が美味しいと思う。

私はだいたい焼酎は味がわからない。
20年前から森伊蔵も伊佐美も普通に置いていたが、ブームが来て売れ始めた。

これからは流行っているから飲むのではなく、美味しいから飲むというふうにお客様を誘導していきたい。

魚發 のサービス一覧

魚發