プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

食べることが好きで、作ることも好きで、食べてもらって喜ばれるのが一番好きです!
*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*
料理は美味しければいいというものではありません。
どんな素材をどんな風に料理したかが大事です。
ここにしかない、心のこもった料理をお客様の好みに合わせてお出しする。
心の満足も目指しています!
*:..。*゚¨゚゚・*:..。*゚¨゚゚・*:..。*゚¨゚

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« お客さんを満足させるということ | メイン | 神戸マラソンその2 »

2012年11月 5日 (月)

神戸マラソンその1

神戸マラソンに悪運良く出場する事になりました。
以前脊椎狭窄症という腰の病気になり、かれこれ7年くらいジョギングもしたことがなかった。
が、有言実行が我が道なので目標を決めて努力すれば少しは痩せるかなと軽い動機でした。
夏くらいから練習を始めたのだけど、巨大な体重を筋肉のない足でささえるので、すぐに足に負担がかかり膝を痛めてしまいました。
それで戦略を考えました!
名付けて『金魚すくい走法』金魚すくいは破れた時点でゲーム終了になります。破れないように無理せずやる。
膝が悲鳴をあげたら走れないので、無理せず時には歩いたり、ストレッチしたりして破れないように細心の注意を払って走ります。
かキロを9分で走れば42.195×9=379.755だから6時間20分程度で机上では作戦が成り立つわけですが。
かキロ9分程度とは早足で歩くくらいのスピードですので楽勝かと思っていましたが、
昨日三宮から舞子まで走ってみましたものの超きつかった。
これだけでもう体が動かないギリギリもう無理ポイントです。
今更になって限界を感じ過ぎです。
足長育英会のCMで何でも一杯体験したいってのがあるが、私も苦しくても参加できる幸せを感じて走れない人の分まで苦しんでまいります。
完走だけを目標値にして頑張ってきます!
次回は走った後の心境をお伝えします。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

魚發