プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

食べることが好きで、作ることも好きで、食べてもらって喜ばれるのが一番好きです!
*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*
料理は美味しければいいというものではありません。
どんな素材をどんな風に料理したかが大事です。
ここにしかない、心のこもった料理をお客様の好みに合わせてお出しする。
心の満足も目指しています!
*:..。*゚¨゚゚・*:..。*゚¨゚゚・*:..。*゚¨゚

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2011年6月 | メイン | 2012年1月 »

2011年9月

2011年9月30日 (金)

焼酎 紫尾の露

今日は偶然焼酎 「紫尾の露」軸屋酒造の方が来られました。
http://jikuya-shuzo.co.jp/index.html

当店で扱っている焼酎なので若干の予備知識はありましたが・・・

失礼にもこんな風に言ってしまいました。

「紫尾の露と言えば女性の杜氏さんですってね!?」

「美味しんぼに登場していましたよね!?」

「美人なんですってね!?」

そしたら

「私の妻なんです。」と。

それから色々お話をうかがいました。

焼酎は地方によって水の硬度が違うので特徴が異なること。

芋の酒類によっても糖度が違うので味や風味が変わること。

古酒や高価なものが価値があるのではなく、自分にあったものが一番の酒であること。

プレミアを付けて売られている焼酎は実は蔵元では歓迎されてはいないこと等々。

なんとも気さくで親しみやすい方で、他のお客さんともすぐに打ち解けられる雰囲気の方です。

威張り散らした薩摩隼人ではなく、影からささえるような優しい旦那さんでした。

奥さんももちろん薩摩おごじょにふさわしく旦那様を立てる方のようで、イギリスのウィスキーの蒸留所を視察を応援されたお話等をうかがいました。

控え目なごく普通の青年(私より年下なので)でした。

今あらためてこの紫尾の露を飲んでみて、蔵元のぬくもりと強い絆を感じることができました。

一過性のブームにとらわれることなく、いいものを味わっていきたいし私もいいものを造り続けたいと思いました。

魚發 のサービス一覧

魚發