プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

食べることが好きで、作ることも好きで、食べてもらって喜ばれるのが一番好きです!
*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*
料理は美味しければいいというものではありません。
どんな素材をどんな風に料理したかが大事です。
ここにしかない、心のこもった料理をお客様の好みに合わせてお出しする。
心の満足も目指しています!
*:..。*゚¨゚゚・*:..。*゚¨゚゚・*:..。*゚¨゚

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 食の安全について | メイン | 競技ゴルフ »

2011年5月30日 (月)

神戸のドイツレストラン

傘がひっくり返ってボロボロに壊れてしまうほどの台風余波な夜、
老舗ドイツレストランに行って来ました。

徒歩10分圏内でしかも有名老舗でありながら未だ訪れたことがありませんでした。

そういえば車で諏訪山公園から北野町を通って新神戸駅に抜ける道の角のところで、昔からよく通っていました。

1階はワイン販売所です。http://www.roterose-kobe.co.jp/

地下に降りて本格的な雰囲気にビックリ。

思ったより広くてステキでした。

はじめはドイツビールと定番のウインナーとポテトをオーダー。

どちらも美味しくあっという間にビールを飲み干してしまいました。

次はゼクトと自家製サーモンの燻製をオーダー。

ゼクトはドイツらしくやや甘口のスッキリタイプで飲みやすく、
サーモンはらしくないやや薄味で私好みでした。

その次にドイツ品種葡萄の白ワインとアスパラと生ハムのサラダをオーダー。

スッキリ辛口で上のショップで購入を決意するほどお気に入りでした。
料理は白アスパラが缶詰なのがやや残念でした。

メインは赤ワインと塩豚足をオーダー。
「ピノノワールのような品種のような…」のソムリエの言葉に誘惑されての選択でしたが、割と爽やかな味わいでした。
豚足はあっさり美味しかったですが、マスタードがあればもっと最高な私感でした。

デザートもいただいて二人で1万円でおつりがあるほどCPは最高です!

大人な男の決め食事にお奨めです。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://cms.blog.gnavi.co.jp/t/trackback/567565/28533443

神戸のドイツレストランを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

魚發 のサービス一覧

魚發