プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

食べることが好きで、作ることも好きで、食べてもらって喜ばれるのが一番好きです!
*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*
料理は美味しければいいというものではありません。
どんな素材をどんな風に料理したかが大事です。
ここにしかない、心のこもった料理をお客様の好みに合わせてお出しする。
心の満足も目指しています!
*:..。*゚¨゚゚・*:..。*゚¨゚゚・*:..。*゚¨゚

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2010年3月 | メイン | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月19日 (月)

阪神競馬場

お客様で宝塚の方に阪神競馬場の来賓席に招待されました!

新しくなった阪神競馬場は初めてです。

施設が綺麗で芝生の色が春らしくスパーグリーンです。

座席は二人づつのテーブルでゆっくりと座れて、しかもチャンネル付のモニターも見れます。

場所はゴール前の巨大ビジョンの前で、最高です。

最初、私は博才が無いのを自覚しているので、買ったばかりの1Q84Ⅲを読破するつもりでいたのだけれども、やはり博打はおもしろい^^

さい先良く7R単勝ゲット!それを転がして8R複勝で沈没。。。

阪神・中山・福島と全部買っていくのでメッチャ忙しい。

私は本命買いです。途中からフォーメーションとボックスを駆使するも低迷。

皐月賞は単勝はゲットしたものの欲をかいてドボン**;

最終で3連複が引っかかって4,500円ゲット。

結局5,500円の負けです。
寺銭が25%引きなのでちょっと負けといったところです。

さて、競馬場内にもすし屋があってむしろそっちのほうに気がいっていた。

3時ごろには売り切れの看板を掲げていたので、売り切り方針なのか仕入れミスなのかはわからないけど、ハッキリ言ってこの場所は羨ましいなぁ~

仮に1%の人が競馬に勝って祝杯をあげてくれたら・・・最高やん!!

ちなみに博才のある妻は、帰りにはお財布が折りたためないくらい程、福沢さんが入っていた(T T )

帰神後、妻のおごりでイノシシがよだれを流しているビアホールでベルギービールで祝杯をあげた。

ここはビールが50種以上あるのでついつい飲んでしまうお気に入りのお店です。

今日はチェコのピルスナービールが美味しい事を発見しました(LUCKY


仮眠後JRで江井ヶ島の実家に車をとりに行った。

三宮では駐車場代が月35,000円です。

年間走行5,000kmの私は車が無くても生きていけるので、節約のため実家にあずけていたのですが、妻の競馬の頑張りによって復活できることになりました。(感謝

 

奥様さま様の一日でした。

2010年4月15日 (木)

サントリー山崎蒸留所

前夜4時まで飲んだにもかかわらず、睡眠3時間後

日曜日8時半に家を出てサントリー山崎蒸留所に見学会に参加しました。

私が最近ハマッテいるものの中で「シングルモルト」なるものがあります。

そのシングルモルトの中で常に世界的に優秀な評価を受けているのが
ここで作られるウイスキー「山崎」です。

まず湧き出ている自然水を飲んでみた。

楽しい一日がおくれそうな予感がした。


工場のエレベーターから踏み出したとたん、強烈な麹の香りと暖かくなったビールの香りがした。

日本酒造りにも似ているような工程があるのに驚いた。


次の部屋は蒸留するところで熱気と独特の甘いアルコール臭に感じた。

蒸留金属の形が様々なのに気がついたら、ガイドの人もしっかり説明してた。

これが工場のあらゆるところにモニュメントとして置かれているところから、
これが蒸留所の象徴といえるだろう。


つぎの部屋へと階段を上がっていくと、今度は一転、
静かでひんやりしたところへやってきた。

ずらっと樽が並んだ部屋で壮観であり歴史を感じる。

アルコール臭と樽の香りで森林浴ならずアルコール浴という感じで
とても心地よくて落ち着く空間である。

何百とある樽群の中から私の生まれ年の樽を発見!

「飲んでみたい!」


最後はテスティングだ。
(実はこの時を来た時から心待ちにしていたのだ。)
テスティンググラス4つにはそれぞれ
「山崎」「白州」「マッカラン」「ボウモア」が入れられていた。

この中ではボウモアが私のお気に入りだったのだが、あらためて試飲してみると新鮮でした。

一つ一つ正式なテスティングのやり方どうりにやると、
確かに香りや味の違いが感じられる。

感じられるが、それを言葉で表すことが難しい。
日頃から言葉に表現しなければ思った。

次に山崎&プレミアムソーダでのハイボール造り。

最高の相性で最高に美味しい!

最後に私の好きなオンザロックで。
言うまでもなくGoooooooood!!

妻は飲めないので上記メニューの2倍をいただきました。

さらに、おつまみでマカロン・チーズ・チョコあられがあり、
それと併せて飲んでみても味わいが大きく変わった。

たかがウイスキーされどウイスキー、奥が深いね。


復習編として階下のラウンジで憧れの「響」の
「響17年」「響21年」「響30年」をテイスティングすることができた。

響30年はボトルで10万円以上するらしいので、興味津々**

15mlで2,300円~~あと500円とな。
結果、それぞれにすばらしい!

あの樽群の中から選びぬかれた2%の10年選手のウイスキーが
超人的なブレンダーによってブレンドされてできたお酒。
すばらしーい!


番外編、東通の韓国料理店で昼食。

マッコリ2杯飲んだ。

ヘロヘロです。


さらに延長戦、家に帰り着いてから、妻の誕生日祝いで
シャンペンをボトル半分飲んだ。


酔っ払いの飲酒手記のようになってしまいましたが、
ここで結論。

毎日ビンテージのお酒を飲む必要はないけど、
いいものをいいものと判断できる自分でありたいと思った。

もはや妻もビンテージですが、徐々にわかるようになりたいが、先は険しい?!    ・・;

意識してみると、私の周りは灘五郷をはじめキリン・アサヒ・サントリーのビール工場、神戸ワイナリーのワイン工場、神鷹の江井ヶ島酒造のウイスキー工場等々列記しきれないほど種類を造っているところがあります。
今回「山崎」に行ったことで意識が変わりました。
行けば再発見することが多く、新たな感動の連続でした。
色々行ってみたいです。

2010年4月 5日 (月)

バス旅行~郡上八幡と岐阜2大桜の花見

久しぶりにバス旅行に行ってきました。

トラフィックス主催の「2大桜見物と郡上八幡食べ歩き」です。

バス旅行の良い点は、運転しなくてもいい・料金が安い・ポイントをおさえた観光ができることで、
悪い点は、団体行動なので自由がない・興味がない所にも行かなくてはいけない・付いている料理が不味いです。

以上のことを理解していれば快適な旅行ができます。

前日の土曜日、午前1時頃仕事を終えて、ちょっと横になりたい気分の時によく現れる友達と共に4時半まで飲んでしまい、すかっり酔っ払いでツアーに参加しました。

三宮出発は朝7時。

ラッキーなことにバスの最後部座席が空いていたのでくつろいで一日ツアーに参加できました。

最初の訪問先は岐阜・新境川の桜。

川の両岸に桜並木がずっと続く様は圧巻で、特に橋の上から名鉄・JR鉄道越に見るのはとても綺麗です。

実は私はこの地に20歳頃約4年間住んでいました。

それがこのツアーを選んだ一つの理由です。

昔はこんな市をあげてのイベントみたいなものはなかったし、ここまで盛り上がっていなかったと思う。

この公園のすぐ横に友達と住んだ下宿があった。

ドキドキしながら探したけど結局ハッキリわからなかった。

下宿のおばさんは今も元気だろうか?

川の上流の線路を越えた東側に先輩の借りていた家があったけど、そこも新しい家並みに変わっていた。

20年以上も前のことだから当然かもしれないけども、
夢に出てきた時や思い出すのは昔の情景な訳で、
違う風景を見ているのが複雑な心理状態だった。

幹線との角の所にいつも差し入れとして買っていたモスバーガーがあった。
今は何年か前に廃業したのだろう、薄汚れた壁にロゴの後が確認できる程度の廃墟だった。

このあたりも不況の波が読んで取れてこんな角地でさえ空き家になっている。
全体が「シャッター通り」化しているようだ。

時間が来てバスに乗りながら、遠ざかる景色を必死で見ていた。

第二の見学先は中将姫誓願桜で花をアップで見ると花びらが多い山桜ですごく綺麗です。http://ganjouji.web.infoseek.co.jp/

こんな山奥の桜に西暦756年からの歴史があるなんて すごいと思う。

第三の訪問地は大滝鍾乳洞であるが、せいろ御膳を食べるのが目的で鍾乳洞を見る時間は早く食べても30分くらいしかないので見なかった。

最後の目的地は郡上八幡である。

ここに親友がいるので事前に連絡して待ち合わせた。

10年ぶりくらいの再会だろうか。

高校時代から何も変わっていない。

変わったのは彼の子供達が大きくなって、あの頃の俺達と同世代になったことくらい。

自由時間の90分はあっという間に過ぎ去った。

郡上の町並みはどこか心を落ち着かせてくれる。

昔と変わらぬ町並み・人柄・流れ続ける川のせせらぎ・・・

時が過ぎてもまた会いたい。

帰路のバスはやや渋滞だったけど、ゆっくりと眠ることができた。

青春の頃を思い出させるような有意義な旅だった。

シンちゃん大学入学おめでとう!


シンちゃん大学入学おめでとう!

以前は日本の伝統文化である「すし屋」に
中国人が働くことに後ろめたい気持ちでいたこともあった。

神戸の有名すし屋が韓国人経営者でもあるし、
狭い島国に拘ってはいけないと思います。

2年前の夏、バイトが長期休暇でしかも番頭さんの妻が突然死した時、
急遽募集してシンちゃんは働くことになりました。

言葉もうまく伝わらない中、知らない料理・知らない文化を
必死でがんばってくれました。

大連ですし屋を経営することも考えているみたいだ。

これから大学。
まだまだ大変なこと山積みだけど、彼なら頑張れると思うし、
応援したい。

魚發 のサービス一覧

魚發