プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

食べることが好きで、作ることも好きで、食べてもらって喜ばれるのが一番好きです!
*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*
料理は美味しければいいというものではありません。
どんな素材をどんな風に料理したかが大事です。
ここにしかない、心のこもった料理をお客様の好みに合わせてお出しする。
心の満足も目指しています!
*:..。*゚¨゚゚・*:..。*゚¨゚゚・*:..。*゚¨゚

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2010年2月 | メイン | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月30日 (火)

宇治川の桜

宇治川の桜は五部咲きといったところか・・・


夜になって雪がふった。

スキー場で遭遇するようなふんわりとデカイ雪。

ルナはオデコに雪を積もらせつつ必死に散歩した。

きっとすぐそこに春の匂いを感じてるのだろう。

2010年3月17日 (水)

杜氏の神様 農口尚彦

先日NHKのプロフェッショナルっていう番組に農口尚彦さんが登場した。
http://www.nhk.or.jp/professional/backnumber/100309/index.html

イチローをはじめ各界の最高峰の人物が登場するわけで、

今回私が尊敬する杜氏さんが紹介されてとても感激した。

菊姫時代から神様だと思って呑んでいました。

12年ほど前に菊姫を退職されたわけですけど、菊理姫という大吟醸古酒は10年以上寝かせて出荷されるので、現在発売されているものが菊姫時代の農口さんの最終作品といわれています。
昨年購入したもので平成4年の仕込みでした。

農口さんといえば山廃が有名で、独特の酒らしい酒臭い酒を造るにもかかわらず、農口さんは下戸だということで少し驚きました。

77歳で今もなお情熱を傾けて酒造りをされている姿勢は尊敬せずにいられません。

今回放映された全力で取り組まれたお酒が今週末に入荷予定です。

大吟ではないですが、60%精米の原酒です。

1本720mlを3,000円で提供する予定です。
気軽に農口さんを体感してください!

また、1合売りで800円の純米吟醸酒「常きげん」もあります。

農口さんのお酒は本当に美味しいです。

でもすし屋の立場から言わせていただくと、美味し過ぎて肴が必要でなくなるという点が難点です。

農口さん、お鮨を食べながら呑むお酒を造ってください!

でも引退が囁かれている昨今、貴重なお酒であることは間違いないので
じっくり味わって心に味を刻んでおこうと思っています。

2010年3月11日 (木)

琥珀エビス

自分にとって最高のビールとは何でしょうか!?

普段は発泡酒や第三のビールや低カロリービールを私も飲んでいます。
それはカロリーはもちろんのこと価格も軽視できませんよね。

でも鮨屋に行く=ちょっと美味しいものを食べたい気分
としたたら、鮨屋には最高のビールを置くべきだと思う。

以前まではベルギービールのブルッグス ゾット ブロンドが好きだった。

でも毎日仕入れることも大変だし、価格も800円~1,000円とお客様に負担をかけてしまう。

それでしばらくプレミアムエビスにしていたが、昨年末より
琥珀エビスを採用している。

http://www.yebisubar.jp/kohaku/

これは確かに旨い。

料理との相性もいいように思える。

たまにお鮨でも食べるときは贅沢に麦芽たっぷりのドイツビールに近いこのビールを普通に飲んで欲しい。

価格も1敗500円に設定してあるのでスーパードライ等と遜色なく、むしろお得に飲めると思う。

それをお試しに一杯サービスする企画もあるのでお見逃し無く!

http://www.sapporobeer.jp/gourmet/detail.phtml?ShopCode=08308&conf=28&bk2=9

絶対の自信を持ってお奨めします!

2010年3月10日 (水)

久保田 生原酒

皆様よくご存知の新潟のお酒「久保田」が新しいお酒を出しました。

久保田生原酒です。

http://www.asahi-shuzo.co.jp/news/sb.cgi?eid=31

しっかりしててすっきりって感じのお酒で、
私的にはハレー彗星のようなお酒という表現です。
何年かに一度の、まわりのモノを巻き込んでさらに輝くというような・・・

このお酒にはピリッと山椒が効いたいかなごの釘煮が合うでしょう^^


美味し過ぎですが、ちょっとアルコール度数が高いので飲み過ぎに注意です。

魚發 のサービス一覧

魚發