プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

食べることが好きで、作ることも好きで、食べてもらって喜ばれるのが一番好きです!
*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*
料理は美味しければいいというものではありません。
どんな素材をどんな風に料理したかが大事です。
ここにしかない、心のこもった料理をお客様の好みに合わせてお出しする。
心の満足も目指しています!
*:..。*゚¨゚゚・*:..。*゚¨゚゚・*:..。*゚¨゚

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« ぼやき | メイン | 近況 »

2009年11月17日 (火)

来年の鮪漁獲高4割制限について

来年のクロマグロ漁獲枠、4割削減へ
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1022275&media_id=88
マグロは本当に頭の痛い仕入れの魚です。
原価が高く廃棄率も多く、色が変わりやすく劣化しやすい。
しかも食べる人は妥協を許してくれない。
これで4割削減されるということは、扱う自体危険な行為であると言える。
マグロも色々種類があって、近海本マグロ・海外生本マグロ・遠洋冷凍本マグロ・南マグロ・メバチマグロ・キハダマグロ・ビンチョウマグロ・カジキマグロ・・・ETC.
将来養殖のマグロが普通になるでしょう。
皆さんは味に慣れるでしょう。
ビールが発泡酒に移行したように、自然に手頃なものに取って変わっていくでしょう。
でも、鮨屋の判断は、難しい課題が多く山積されている。
リスクを負っていいものを入れて賞賛せれたいのか、
時代に併せて養殖で補っていくのか。。。

高いなら食べないと言える消費者はいいけれど、
高くても鮨屋の花だと言ってこだわると、正直しんどいだろうなと思う。
ヨコワという本鮪の子供を獲るのを自粛したらいいと思うのだけども・・・。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://cms.blog.gnavi.co.jp/t/trackback/567565/28533377

来年の鮪漁獲高4割制限についてを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

魚發 のサービス一覧

魚發