プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

食べることが好きで、作ることも好きで、食べてもらって喜ばれるのが一番好きです!
*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*
料理は美味しければいいというものではありません。
どんな素材をどんな風に料理したかが大事です。
ここにしかない、心のこもった料理をお客様の好みに合わせてお出しする。
心の満足も目指しています!
*:..。*゚¨゚゚・*:..。*゚¨゚゚・*:..。*゚¨゚

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

2009年4月13日 (月)

妻の誕生日

12日、日曜日

本日は妻の●6歳の誕生日です。

ということで、天橋立を中心に舞鶴・宮津の北丹後をバスで周った。

今日はとにかく暑かった。

半袖でいいほどです。

桜もほとんど散っていました。

樹齢400年の桜も観ましたが、雰囲気だけは凄いです。

バスの中で途中気分が悪くなった女性がいた。

顔面蒼白で車酔いだろう。

連れの男性はヤクザのような雰囲気のごっつい人。

途中で下車されて一行から離れたが何度もバスを停車させて予定を狂わせたのに一言のお詫びがなかった。残念。


感想は、まぁまぁだった。

次回はもっとテーマを絞って参加したい。


気分直しに8時から近所の「キャットハンド」っていう欧風料理屋さんでHPに掲載してある「お誕生日のコース」をいただきました。

2980円で飲み放題で手作りケーキと写真撮影サービスが付いてこの値段は安いと思う。

それでか、女の子がいっぱいだった。


先日TVで見た話だけど、
「この女と結婚したから失敗だったと考える人は、何をやっても、たとえ違う人と結婚しても同じ事を言う。」

「この人と結婚して、幸せになるんだと思える人は何をやってもうまくいく。」と。

私は、地震があっても、この仕事を選んで不況になっても、こいつと結婚して子供ができなかっても失敗したと思ったことはない。

言い訳を言い出すと止まらなくなるから、すべて自分の責任でここまでやってきたし、これからももっと幸せになるために努力をしようと思う。

アメリカ人は「がんばれ!」とは言わずに「君ならできる!」と言うらしい。
「がんばれ」は口先だけで無責任のような気がするね。

You can Do it! So Yes,We can!

I trust you & I trust me!

明日からも頑張ろう!

2009年4月 6日 (月)

満開に日のにちようび

生田川の桜を見に行きたくなった。

ルナと出かけ、少しして妻とリリーと合流した。


生田川の桜は小さな桜木が多く、しかもまばら。

壮観とは言えないが、春を強く感じることができた。

満開ではあるが、葉も多くごった返した満開である。

花見をしている面々も老若男女さまざまであった。

花見場に近い酒屋でコーヒーを買って飲んだ。


なんとそこは妻の親戚のお店だった。

さらにそこのご子息はMBSの有名プロデューサーY氏だった。

密かに俺のお店をテレビに出してくれ!と妻にプッシュしたのは言うまでもない。

生田川から自宅方面に帰る途中、神戸の菓子匠フロインド・リーブのチャペルにてパンの耳のパイを買って帰った。

俺の好きな栗のパイは売り切れだった。

家に帰って、耳パイを食べながらコーヒーをのんだ。

とめどなく食べ続けるとやばいので、パイの袋を厳重に縛って棚の奥にしまった。

J.comの人がPCの設定に来てくれた。

70歳くらいのおじいさんだったので意表を衝かれた。
でもかえって親身でいろいろ話せてよかった。


それからピザを食べに行こうということで家を出た。

家から徒歩10分以内にいい感じのピザやが5軒はある。

一番遠い、相楽園の道の「pizzeria/AZZURRI」に行った。

こんな僻地なのに満員。たまたま空いた席があって入ることができた。

「なぜこの店が人気があって、わが社が暇な日があるのか?」
が本日のディナーのテーマとなってしまった。


イタリアビールを2種飲んで、前菜5種とお奨めの緑色したピザとシンプルなトマトソースのバジルのパスタと子羊の焼き物を食べた。

美味かった~


答えは本格的なナポリの味かな・・・?

結局わからん。わかればすぐわが社に反映させるやろ!?

先週は暇な日と忙しい日が交互にやってきた。

なんで暇な日があるのだろう。。。?

いらっしゃたお客様には全身全霊をかけるつもりで、接客し料理しているつもりです。

番頭は「もう無理やー!」と弱音を吐くことが多々あるけど、無理と思った時点で進化は止まっているんだよ。
どうして満足してもらえなかったのか、どうしていい料理が出なかったのかを反省し、改善して進化していくんだよ。

私は魚發が神戸で一番のお店にしたいと思っています。

何が一番かと言うと、心のこもった接待・料理も接客も雰囲気も店員の態度も「良かった」と言ってもらえるような、心に残るようなお店を目指したい。

明日からまた仕入れ・掃除・献立・販促・PCデーター・帳簿・料理ETC.とたいへんだ。

でも「ありがとう、おいしかったよ!」と言葉が聞きたくて頑張ります。

魚發 のサービス一覧

魚發