プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

食べることが好きで、作ることも好きで、食べてもらって喜ばれるのが一番好きです!
*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*
料理は美味しければいいというものではありません。
どんな素材をどんな風に料理したかが大事です。
ここにしかない、心のこもった料理をお客様の好みに合わせてお出しする。
心の満足も目指しています!
*:..。*゚¨゚゚・*:..。*゚¨゚゚・*:..。*゚¨゚

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2009年2月 | メイン | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月16日 (月)

マショマロ

3月14日ホワイトディーということで、

マシュマロを作ってみることにした。

卵白と砂糖とゼラチンだけのシンプルなお菓子だけど、かなり難しかった。

作り方
1.ボウルに卵白とグラニュー糖と粉ゼラチンを入れて、湯せんにかけながらハンドミキサーで泡立てる。

2.それに水飴を入れてさらに泡立て続ける。
(60℃を超えないように注意しながら)

3.ボウルを湯せんから出して、さらに泡立てる。

4.泡が立つようになったら、コーンスターチをひいたお皿にスプーンで丸く形造りながらコーンスターチをまぶして余分な粉をはたいたら出来上がり。


以上のシンプルな手順だが、硬さ加減が難しかった。

こんなお菓子を思いついた昔の人に改めて驚いた。

2009年3月10日 (火)

ごっこ

「ごっこ」

変な名前ですが、魚の名前です。

顔もアニメチックで変というかカワイイ。

おなかに吸盤のようなものがついている。

北海道産。


味はすごいコーラ-ゲン質でお肌に良さそう。
もちろん美味。

まだまだ知らない魚って多いねんなぁ~

2009年3月 9日 (月)

いか

すし屋に行けば必ずあるネタ「イカ」。

消費量もトップクラスで人気も上々のネタです。

さて、そのイカですが、イカにもいろいろあるのです。

冬場の王様「剣先いか」主に日本海で獲れます。
甘みがあって歯ごたえがいい高級ネタ。

夏場は「槍イカ」が剣先イカと双璧です。

回転寿司等で使われているのが赤イカや紋甲イカ。
大きく厚い身はたくさんサク取りできます。

当店は主に明石で獲れる「針イカ」です。
甲の先の部分に針のような突起が付いているのが特徴です。

明石で朝獲って海水に入れたまま輸送し、私達が買った時に〆るという作業をします。

〆るとは、殺すのだけれども細胞までは殺さないで暴れさせないような技です。
〆るといつまでも細胞は元気で長くもつし、食感も最高に良くなります。

長くなりましたが、鮨のイカの味はそのすし屋の姿勢を表しているのかもしれません。

寒い時期はほとんどイカは水揚げがありません。
そして高くなります。
でも定番のイカは買わないといけないので、どんなイカを仕込むかということがたいへんなのです。

魚發は明石の針イカ。ないときは明石のヒイカ。
ヒイカは5cmの小さなイカですっきりした味わいです。
食べるときにお箸でつついたら、ググットうごくような新鮮なイカを毎日出すように頑張っています。
気づいたら「あっ!動いた~美味しい!」と言っていただけたら
最高に嬉しいです。


魚發 のサービス一覧

魚發