プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

食べることが好きで、作ることも好きで、食べてもらって喜ばれるのが一番好きです!
*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*
料理は美味しければいいというものではありません。
どんな素材をどんな風に料理したかが大事です。
ここにしかない、心のこもった料理をお客様の好みに合わせてお出しする。
心の満足も目指しています!
*:..。*゚¨゚゚・*:..。*゚¨゚゚・*:..。*゚¨゚

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

メイン | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月22日 (土)

大間のマグロ

先日から某雑誌の企画により、トロ1人前を100円で提供している。

これはこれで涙を飲んで了承していたが、
マグロ卸の魚屋さんにかねてから頼んでいた大間の本マグロが入ったとの知らせが・・・。

築地ならともかく、神戸中央卸市場に大間のマグロなんてめったにないことなので、即ご購入(**)

そのままトロ100円サービスも期間中ですので、大間の本マクロのトロを100円で売ることに!!

幸い召し上がられたお客様はご満足いただいて、追加注文もいただいたので高熱を出して寝込まずに済んでいます><;

2007年9月10日 (月)

たてこむときの原理と心理

当店は場所柄飲むためのお鮨です。
ということは、全体的にやや小さく特にシャリを小さくしている。
勿論、食事のためにご来店いただいたと思える場合には普通の食事用のお鮨をお出ししています。
当店の名物にお持ち帰り用の「博多巻」という7種類の具が入った巻寿司が人気である。
この巻が売れるかどうかで、準備時のシャリを炊く量が重要となるのだが、これがいつ・どれだけ売れるのか見当もつかない。
一人来られると連鎖したように何人も来られて、あわててシャリを炊きなおすことって結構あります。
手間がかかるし、高級ネタを握るシャリまでなくなったら嫌だからってんで、巻を断るお店もおおいです。
私は出来ることなら全部お答えしてあげたいタイプですので、従業員は必死でやっています。
色々な具が詰まって美味しい巻ですが、最後の一味は「満足させたい!」という私たちの気持ちが一杯です!

2007年9月 7日 (金)

すっぽん

先日、四万十川から天然のスッポンが届いた。
なんと1匹2.5kgもある、四万十の主のような亀さんだ!
力も凄くて養殖の比ではない。
爪も硬く鋭いので料理する時は大変だったし、私も助手も生傷がいっぱいできてしまった。
ちなみに世間に出回っているスッポンの99%は養殖ものなので、天然を食べたことがある人は皆無に近いのではないかと思う。
味はしっかりしていてやや濃く、身は歯ごたえがあり事前にやや長く煮込んでおかなければならないでしょう。
私は養殖のスッポンのコースは5000円で、天然物のスッポンのコースは8000円でお出ししています。
値段よりはるかに価値はあると自負していますし、実際手間もすごくかかります。
でも最終的にはお客様が美味しく召し上がっていただいて完結するのです。
美容のために最近は女性の方も多く召し上がるブームのようです。
でも、「気持ち悪い」とか「絶対無理!」とか軽々しく口にされる方もいてはります。
とても寂しく思います。
はるばる四万十から15歳以上のスッポンが来て、必死で料理したものを残されると・・・。
食は生(せい)なり。
自分の糧として、有効に当店を活用してください!

魚發